葬儀もエコな時代!段ボール製の棺桶

葬儀もエコな時代!段ボール製の棺桶?

アメリカで最初に作られたのが始まりで、日本に登場して4年ほど、棺桶にもなんと段ボール製があるそうです。


葬儀費用の抑え方は家族葬をお勧めしますので身内での家族葬にしましょう


何でも豊富な種類から選べるようになった時代ですが、棺桶の種類も豊富な中で段ボール製が出てくるとは、私個人としては思ってもみなかったことだったのでかなりな驚きでした。段ボール製の棺桶はとにかく環境に優しいのが特長です。通常の木製の棺桶では釘やちょうつがいが使われ、種類によっては金属製の取っ手がついたものまであります。ところがこの段ボール製の棺桶にはそういった金属製のものは使われず、接着剤も不要の組立て式なのだそうです。一時は燃え残りの多さに評判も下降気味だったそうですが、エコ思考の時代の波に乗って近頃ではまた注目度を高めつつあるようです。

二酸化炭素の排出量も少なく、段ボールの材料に使われる木材の料も減り、火葬にかかる燃料費も低くなり、発生する有毒ガスも抑えられると、環境にはいいことづくめの商品ですね。価格は5万円ほどだそうで、通常の棺桶よりはずいぶん安く抑えられそうなところは遺族のお財布にもエコかもしれませんね。勝手なプランニングですが、エコな段ボール棺に入り、植林プロジェクトに寄付を残し、火葬後は林作りに役立つ樹木葬を選ぶなどするコースなんてどうでしょうか。環境保全や自然との共存をテーマに、亡くなったのちには自然の中へ還るという考えを自らの葬儀で実現するのも実に夢があります。ただ問題は、遺族の理解を得るところですね。いくら本人がいいと言っていても、見栄えや世間体を気にする人もいるでしょう。理解が得られそうにないと心配な人は、段ボール棺を指定する旨を遺言書に残すと同時に家族葬や密葬を選択しておくといいのかもしれません。もしくは、葬儀の際の司会者に段ボールの棺が故人のこだわりであったことやその理由について触れてもらうと、参列者にも故人の環境への優しい思いが感じられて、より良い葬儀になりそうです。

こんなこだわりを希望したい人はぜひエンディングノートにその思いをつづっておくべきではないでしょうか。見直すたびに、自分のこだわりへの揺らぎがないことを確認しておけば堂々と家族へも説明ができそうです。


葬儀費用の抑え方は参列する人の人数を減らせば予算も掛けなくてよいので、ひっそりと行う場合は家族葬をお勧めします。特に身内で葬儀を行う時は、市町村が管理している公営の式場を選んで、予算を掛けないよう事を意識しながら家族葬にしましょう。料金のシステムに関しては、市町村や運営者を優先に決められる事が多いので、支払いに関してはある程度の制限がある事を意識します。公共的なサービスを上手に使いながら、家族などと話し合って葬儀費用の抑え方を決める事も良いです。


 

Calendar