あなたはどんな棺桶に入りたい?

あなたはどんな棺桶に入りたい?

生きていたときと同じ姿のままで入る最後の部屋はやはり棺ですね。葬儀の仕方もさまざまな形式が増え、家族葬や密葬など、小規模ながらも家族との別れに時間を作れる葬儀は人気ですし、葬儀をせず通夜から直接火葬場へ向かう直葬、火葬後は粉骨して海や山に散骨する自然葬などもあります。


「自分で調べて納得しましょう」葬儀費用の抑え方、事前に調査をお勧めします


葬儀の多様化は高まる中、どんな葬儀、埋葬方法をとるにしても棺桶を必要としないことは、現代の日本ではまずありませんよね。棺桶ももちろん購入するものですから、種類もあり、価格もあります。棺桶の種類もとても豊富で驚きの世界です。天然木製棺、桐製棺、布張製棺、彫刻棺、プリント棺、合板製棺など、実にさまざまで、価格もやはりさまざま。扱う業者によっても違いますし販売する葬儀社によっても価格の提示はずいぶん変わります。

葬儀社の場合には遺体と一緒に入れるドライアイス代なども含めるところもあるため、確認するといいと思います。さて、その棺の価格は、安いものでだいたい8万円前後のものが多いようですが、取っ手が付いた布張りのものは20万円ほど、材質や彫刻の多さなどによっては80万円を越すものもあります。アカデミー賞を受賞した映画『おくりびと』のワンシーンにも、納棺師の働く会社の事務員である余貴美子の役にこんなセリフがあったのを覚えていませんか?「棺桶の値段は左から5万、10万、30万。一番右は総ヒノキ。燃えたら灰になるところとかみんな一緒。違うのは素材だけ。皮肉なもんだと思わない?人生最後の買い物は他人が決めるんだよ」。遺言で伝えておくとか、料金も自分で用意しておくとか、もしくは相当な地位のある人でない限り、高額な棺桶というのは選んでもらえることはない気がします。

自分の入る棺桶に対しての気持ちというのは人それぞれだとは思います。安っぽいのはイヤとか、どうせ灰になるんだから安くていい、立派な彫刻を施した棺桶に入って気分良く灰になりたいなど、あなたはどんな棺桶を選びたいですか?


以前は冠婚葬祭の四大行事の一つであった葬儀も、どんどん簡素化・簡略化が進んでいます。 葬儀費用の抑え方は人それぞれでしょうし、事情もいろいろでしょう。 そんな風に費用を抑えたい方には、火葬式をお勧めします。 そして、通夜や告別式を省略しましょう。 葬儀の費用を抑えずに、昔風の盛大な葬儀を執り行いたい向きにはお勧めできませんが、事前に自分で調べることによってなるべく支出を減らし、経済的な葬儀を行うことができます。


 

Calendar