債権者との合意の上で市場に売りに出す任意売却

債権者との合意の上で市場に売りに出す任意売却

住宅ローンを滞納すると1~2ケ月で督促状が届きます。
そのままにしておくと3~6ケ月で期限の利益の喪失となり、債権者から一括返済を求められます。
一括返済できない場合は、債権者は差し押さえから競売で処分し回収しようとします。 競売では市場価格より2割から3割程度安く処分されてしまいますので、 競売後の残債務が多くなってしまい、返済するのが大変になるケースがあります。 しかし競売以外の道もご用意されています。
任意売却という債権者との合意の上で市場に売りに出す方法です。 債務者や債権者、買主が納得のいく価格で売却できるので、競売で処分されるより高い値が付きます。 任意売却後の残債務も無理のない月々の返済額までに認めてもらえることがありますし、 引っ越し代までもらえることもあります。
任意売却はご自身から行動を起こさないと始まりません。 しかし債権者との交渉もあり任意売却は、専門知識や交渉力がないとなかなか難しくなっています。 任意売却のプロにお任せしたほうが確実です。"  


任意売却を成功させる条件とは

住宅ローンの支払が困難になり、何か月も滞納を続けると、家を売り払うことになりますが、競売により家を売る場合は市場価格より低い値段が付くことが多く、手数料も100万円前後かかってしまうので、任意売却をした方がより残債を減らすことが出来ますが、任意売却を成功させるには幾つかの条件があります。
まず任意売却にはその物件の所有者の承諾や協力が必要になるので、債務者と物件の所有者が異なっているのなら、その所有者と話を付けなければいけません。
また、住宅ローンに連帯保証人を立てている場合には、そちらの同意も必要になります。 物件の価値が何らかの理由で大幅に落ちた場合にも、任意売却を行うのは難しくなるでしょう。
もう一つ重要なのが任意売却を始めるタイミングです。
住宅ローンの滞納前から任意売却を行うのは金融機関の承諾が得られないことが多いですが、滞納後にあまり時間を置いてしまうと競売が始まり、それを取り下げて任意売却するのが難しくなりますので、出来ればこれらの条件を事前にクリアしておくことが大事です。

【神奈川県(他市・町)】
任意売却 相模原市/ 任意売却 鎌倉市/ 任意売却 逗子市/ 任意売却 三浦市/ 任意売却 葉山町/ 任意売却 厚木市/ 任意売却 大和市/ 任意売却 海老名市/ 任意売却 座間市/ 任意売却 綾瀬市
任意売却 愛川町/ 任意売却 清川村/ 任意売却 平塚市/ 任意売却 茅ヶ崎市/ 任意売却 秦野市/ 任意売却 伊勢原市/ 任意売却 寒川町/ 任意売却 大磯町/ 任意売却 二宮町
任意売却 南足柄市/ 任意売却 中井町/ 任意売却 大井町/ 任意売却 松田町/ 任意売却 山北町/ 任意売却 開成町/ 任意売却 小田原市
任意売却 箱根町/ 任意売却 真鶴町/ 任意売却 湯河原町/

Calendar