分らしいお葬式、無宗教葬が人気

分らしいお葬式、無宗教葬が人気

近年、自分らしいお葬式をあげたいと希望する人が増えています。

お葬式自体を行わないと決める人、家族のみで行う家族葬を希望する人、少数派ですが生前葬を行う人もいます。無宗教葬も選択肢のひとつです。例えば音楽を職業にする人、趣味で楽器の演奏をする人のなかには、音楽仲間の生演奏によっておくられたいと希望する人もいます。

葬儀費用の抑え方は何かをお勧めしますと言われても全部任せますとは言わないようにしましょう


また、演奏家でなくても、自分のお葬式ではこのような音楽を流してほしいと無宗教葬を希望する人が増えています。

無宗教葬には特に決まりはなく、音楽を愛する人なら、だれでも無宗教葬をあげることができます。無宗教葬を希望するなら、元気なうちに、自分がよく聴いていた音楽、思い入れのある音楽を、家族や友人に託しておくのもよいでしょう。また、故人が生前に希望していない場合でも、家族や友人が慮って、無宗教葬を希望するケースも増えています。

様々な葬儀のなかで私は無宗教葬でお別れしたい

まだ葬儀の事は先だと思っていますが、いつ何時どうなうか分からないので、もし私が亡くなった場合は、無宗教葬で送って欲しいと思ってます。

特に信じる信仰もないので、普通の服で普通の格好で、音楽を流すだけの無宗教葬で送ってくれるだけでいいと思ってます。私は、音楽は大好きですし、毎日色々なジャンルの音楽を聞いてます。その中で特にボサノバ系やジャズ系が好きですが、最後の別れにはハードロックで送って欲しいと思ってます。

そんな激しい曲は無宗教葬には向いてないかも知れませんが、ただ、参列する人に嫌がられない程度の曲で、無宗教葬を行なってもらいたいと願ってます。今からでも遅くはないと思うので、家族に私の時は無宗教葬にしてねと、言っておかねばと最近思ってます。そして、無宗教葬で流す曲をチョイスしておきます。

葬儀について

葬儀は突然必要になることが多く、葬儀業者やお坊さんへのお布施、戒名のランクなど相場がわからないことが大半です。そのため業者などは様々なプランを提供していますが、故人のためにも高いプランをお勧めしますと言われることが多くあります。自分が納得できるプランであれば問題はありませんが、葬儀費用の抑え方の1番のポイントは住職や業者に対してすべてお任せしますとは言わないようにしましょう。任された方はそれなりの金額を想定して出来るだけ立派な葬儀を行おうとします。また葬儀業者を選ぶ場合でも地方自治体が相談に応じてくれる場合があり、その場合には一般価格よりも安く葬儀を行えることもあります。


 

Calendar