無宗教葬の希望を叶える生前契約

無宗教葬の希望を叶える生前契約

近頃は生前契約を結ぶ人もずいぶん増えたようですね。自分の思ったとおりの形式の葬儀ができたのかどうか、自分が亡くなったあとのことなので確認する手段がないことですが、きちんと公正証書として残すこともできるそうです。ひとつの遺言ですからね、当然かもしれません。生前契約の場合、葬儀費用の支払いはどうしたらいいものなのでしょうか。

これにはいくつか方法があるようで、契約する葬儀社によっても違うようですが、生命保険を充当するところや、積み立てや分割払いができる預託金システムのところ、葬儀後に請求されるところなどさまざまです。信頼できて、支払い方法の合うところを探すには早めに行動しておくと良さそうですね。その業者選びのポイントをいくつかお話ししたいと思います。

葬儀費用の抑え方をお勧めします。じっくりと比較して検討しましょう。


まずは先ほどお話ししたように信頼が持てる点と、支払い方法についてがありますね。万が一、契約した業者が破綻するようなことになった場合を考えて、後払いにできるとより安心かもしれません。それから、解約や変更ができるかどうかも大事なポイントです。年月が経つにつれて、契約したときに考えていた葬儀方法や演出とは考えが変わってしまったり、または家族の事情などで変更せざるを得なくなった場合、もしくは中途解約の必要性が出てこないとは限りません。そんなときに柔軟に対応してくれるところかどうか、変更には無条件で応じてくれるのか、または手数料が取られる場合いくら支払うことになるのかなど確認は大切です。

契約の保証期間についても確認が必要です。情勢が変わった場合、物価が高騰した際にも契約時と同じ金額で行ってもらえるのか、またその保証期間はいつまでなのかなど、ずっと後のことになるかもしれない葬儀の問題ですから、先を見据えた問題提起は重要です。最後に、契約した内容できちんと行われたかどうかの確認を誰がしてくれるかです。これには監視機関のあるところを選んでおくと安心ですね。

無宗教葬で行う場合は特に、通常の葬儀にはない演出というのが含まれてきますので、希望通りの葬儀を叶えるために賢くチェックして契約を進めることが大切ですね。

現代は葬儀費用を抑えて、心のこもった葬儀をしたいと希望している人が増えています。 葬儀費用の抑え方は、なるべく公営の葬儀場を利用することをお勧めします。 葬儀費用を抑えるためには、参列者の数を減らすことも重要なので、一般葬よりも家族葬のほうが参列者数を減らすことができます。 信頼できる葬儀社を見つけたら、祭壇の種類やプランなどをじっくりと比較して、検討するようにしましょう。 葬儀費用を抑えたい場合は、一日葬や火葬式もお勧めです。


 

Calendar