サービスに満足感の残るホテル葬

サービスに満足感の残るホテル葬

レストランと並んで、お別れ会などをする会場にホテルがあります。ホテル葬と呼ばれますが、ホテルならではの良さも兼ね備えた葬で人気を集めています。ホテルによっては、遺体の安置や通夜も行えるところもあり、通常の斎場で行うような葬儀をすることができるので、家族葬や密葬をホテルで行い、そのままお別れ会を同じホテルで行うこともできるというわけです。

葬儀費用の抑え方は家族だけで取り仕切らないことをお勧めします。第3者にもお願いしましょう


火葬については、出棺からは提携の葬儀社が行います。もちろん、葬儀ののち、後日改めてホテル葬だけをするということも可能で、その際には案内状などの手配もお願いすることができますし、引き出物などの準備もしてもらえます。

さらに、ホテル葬のメリットとしてはまず、たとえ参加者のほとんどが車で会場に来た場合でも十分な対応をしてもらえます。誘導や呼び出しも行ってもらえるため車で来場される人達への配慮が不要です。また、接客に慣れているホテルスタッフが来客の応対をしてくれることでそつない接客に安心して任せることができますね。それから、控え室が必要なことを考えると、ホテルではもちろん心配無用です。遺族や親族、係員などそれぞれ控室を用意してくれたり、軽食や飲物のサービスなどもありますし、もしも遠方からの遺族や親族、参加者がある場合には宿泊も可能な面も手配や気遣いが不要な点で安心ですね。ホテルによっては小さな子供がいる家庭用にベビーシッターを準備しているところもあるそうです。

やはりさすがはホテルだけあって、サービス面では納得できる葬儀が行えそうですね。ただし、その分、レストランのようなカジュアルさからは少し、葬儀の質自体の格が上がるかと思います。その分料金もレストランに比べれば高くなりますが、故人の交友関係の広さによっては招く参加者の人数が多くなるでしょうからレストランではまなかないきれませんね。さらに、どういったイメージの葬儀にしたいかも選ぶポイントになりそうです。

葬儀は突然やってきます。生前から葬儀の方法を決めておけば問題ありませんが決めていない方が大半で、家族は急きょ葬儀の選択を強いられます。パニックになっている親族に判断能力がなく、葬儀屋の言いなりになって高い葬儀を行いがちです。 そこで冷静な判断が出来る第3者に立ち入ってもらうことをお勧めします。 葬儀費用の抑え方は冷静な判断力です。葬儀屋の思う壺にはまって必要のない葬儀を執り行わないように注意しましょう。


 

Calendar