通夜をせずに葬儀・告別式を無宗教で行う場合

通夜をせずに葬儀・告別式を無宗教で行う場合

古くから行われてきた風習とも言える通夜。いまでは宗教・宗派を問わず行われていますね。どんな葬儀の場合でも24時間は火葬が許されていないため、臨終から一夜明けるまでの時間、斎場や自宅などに遺体を安置して付き添い、故人を偲ぶ時間があります。けれど、この通夜を行わずに葬儀や告別式を行うといった方法があるのです。通夜をしないとはどういった意味でしょうか。

亡くなってすぐに迎える夜のことは「仮通夜(かりつや)」といいますね。その翌日の夜に弔問客を招いて行われるのが「本通夜(ほんつや)」と呼ばれます。つまり、通夜をしないというのは「本通夜をしない」ということです。では通夜を行わない場合というのはどういったときでしょうか。

親族や友人・知人など訃報の知らせをする必要のある人が多い場合には通夜は行うべきなのでしょうが、身内や参列者の少ない場合であれば、通夜と葬儀・告別式どちらも行わなくてもよかったりといったことがあるのです。通夜として弔問客を招くことがないため、葬儀・告別式までは遺族たちでゆっくりと故人と過ごすことができるのはメリットかもしれません。

しかし、葬儀・告別式は行うわけですから、日時のお知らせをする際に、「通夜は身内だけで行うことになりますので(または、通夜は行いませんので)葬儀・告別式にご参列賜りますようお願い申し上げます」といった旨の内容で伝えておく必要がありますね。家族や親族でなくてもごく親しかった人など、ゆっくり故人とお別れをしてもらいたい人がいる場合には、遺体を安置しているところに招くとよさそうです。

それから、金銭的な面をみてみましょう。斎場を借りて葬儀・告別式をする場合、通常は通夜も含まれるので2日間借りますよね。その際、祭壇というのはやはり通夜と葬儀・告別式の2日間飾のが通常なのですが、祭壇というのは1日だけ飾った場合でも、2日間飾った場合でも料金は同じなのです。したがって金銭面だけを考えた場合ですが、結局安くなるのは祭壇以外の会場費などだけということになるので、通夜をしないことを検討する場合の参考にされてはどうでしょうか。通夜をしない場合の流れ。

葬儀費用の抑え方を検討しましょう。自治体への申請はその一つでありお勧めします。


【死亡当日】
1.遺体の搬送と安置 
2.納棺 
3.遺体と共に過ごす

【2日目】
◎葬儀・告別式
1.参列者入場(BGMに故人の好きだった音楽など) 
2.開会の辞 
3.故人の略歴紹介(ビデオや写真などで故人の略歴や人柄などを紹介) 
4.追悼のことば(親しかった友人などに思い出を語ってもらったり好きだった歌を演奏してもらったり)  
5.献花、黙祷、献灯、焼香、弔電披露 
6.お別れの儀(最期の対面ののち棺にお花を入れてふたを閉める)
7.喪主あいさつ 
8.閉会の辞 
9.出棺 

◎火葬
1.献花、黙祷、焼香 
2.炉に点火後控え室で接待 
3.収骨 

◎会食>:
1.喪主あいさつ 
2.献杯 
3.会食 
4.お開きのあいさつ

葬儀費用は安くても数十万円、高くなると100万円を超える金額がかかることから頭を悩ませている人は多いと思いますが、葬儀費用の抑え方は調べてみるといろいろあります。ひとつは自治体で埋葬費用を申請する方法です。故人が国民健康保険や社会保険に加入していれば、自治体に申請することで数万円の補助を受けることができます。死亡診断書か埋葬許可証、当人の加入していた保険、申請者に印鑑などがあれば自治体で補助を受けることができます。申請期間があるので注意が必要ですが、特に難しいものでもないのでお勧めします。是非利用しましょう。


 

Calendar