通夜式でお別れをする場合の進行例

通夜式でお別れをする場合の進行例

今回は“通夜式”でお別れをする無宗教葬の場合についてお話しします。通常の仏式では、死亡当日が仮通夜となり、翌日が通夜、さらにその次の日が葬儀・告別式となりますが、こういった進行が煩わしく思え、なるだけ大げさにしたくないという場合には、死亡した翌日の通夜をお別れの場として“通夜式”とするスタイルもあります。

親族や友人に告別式の感覚で通夜に参列していただき、お別れをしていただき翌日は遺族や親族などの身内のみでそのまま火葬場へ向かうという密葬的なスタイルです。通常の仏式では、葬儀・告別式はたいてい昼間に行われるため、参列者は会社を休まなくてはならなかったり仕事の都合をつけなくてはならないですが、通夜であればたいていの場合は夕方から夜にかけての時間帯となるため参列しやすくもなります。友人や遺族たちに極力迷惑をかけたくないと考える故人の気持ちに応えられる形式です。

ただ、友人などに思い出話をしていただきたい場合に考えてきてもらう時間が少ないので忙しくさせてしまうことがあるかもしれません。しかし、融通のつきやすい時間帯にコンパクトな時間でお別れをしてもらえますし、時代に合ったスタイルと言えるかもしれませんね。通常は、通夜で遅くまで接待をした上に、翌日は朝早くから葬儀・告別式の準備や確認をと忙しい日程に追われる喪主や遺族ですが、このスタイルであれば翌日は遺族や親族たちの身内だけでゆっくり故人とのお別れができます。進行例は以下の通りです。

葬儀はしめやかに行うようにしましょう。葬儀費用の抑え方として小規模葬をお勧めします。


【死亡当日】
1.遺体の搬送と安置 
2.納棺 
3.小机に花などを飾る 
4.遺族・親族のみで仮通夜 

【2日目】
1.一同着席(BGMに故人の好きだった音楽など) 
2.故人の略歴紹介(ビデオや写真などで故人の略歴や人柄などを紹介) 
3.追悼のことば、追悼演奏など(親しかった友人などに思い出を語ってもらったり好きだった歌を演奏してもらったり) 
4.献花、黙祷、献灯、焼香 
5.通夜ぶるまい 
6.喪主あいさつ 

【3日目】
◎最期の対面ののち棺にお花を入れてふたを閉め出棺


◎火葬
1.献花、黙祷、焼香 
2.炉に点火後控え室で接待 
3.収骨 

◎会食
1.喪主あいさつ 
2.献杯 
3.会食 
4.お開きのあいさつ


葬儀は故人に縁がある方の多くが集まる儀式となるため、広い会場が必要となってしまいます。 また、参列者は香典を用意してくるため、そのお返しや料理などを振る舞うことも必要です。 こうした参列者に対する費用が思いのほかかかるため、葬儀費用の抑え方としてはまずこの部分を節約することをお勧めします。 しかし、多くの方を呼んでおもてなししないというのは非常によろしくありません。 そのため、あえてお呼び立てせず、親族のみでおこなう小規模葬儀をおこなうようにしましょう。


 

Calendar